コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プサムティク1世 プサムティクいっせいPsamtik I; Psammetichos I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プサムティク1世
プサムティクいっせい
Psamtik I; Psammetichos I

古代エジプト第 26王朝 (サイス朝 ) 2代目の王 (在位前 664~610) 。ギリシア名プサムメティコス1世。ネコ1世の子。治世初期はアッシリアの封臣であったが,リュディアの王ギゲスの援助でアッシリアの守備隊を追放 (前 658~651) 。ヌビアのクシュ王国の勢力を排し,上中ナイルの防備を強化。軍部の力を押えるため,ギリシア傭兵軍を組織し,さらに神殿に対する多額の寄付を貴族に行わせてその力を弱体化させ,同時に宗教を中心とする国民の団結をはかった。ギリシアとの通商を深め,前 614年急速に台頭してきたバビロンに対してアッシリアを支援,エジプト人による最後の強力な王朝を築いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

プサムティク1世の関連キーワードアシュドドネコ2世サイスダフネ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android