コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネコ1世 ネコいっせいNecho I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネコ1世
ネコいっせい
Necho I

古代エジプト第 26王朝 (前 664~525) 初代の王。前 672~664年頃活躍。第 24王朝のリビア系王族の子孫と考えられる。前 671年アッシリアエサルハッドンが,下エジプトをクシュ王国のタハルカから奪取したとき,サイスの総督に任命された。タハルカの反撃にあい,一時避難したが,前 667年エサルハッドンの子アッシュールバニパルがこれを撃退,ネコはエジプトにおける首席総督に選ばれ,第 26王朝を創始した。その後再度クシュ王国の侵略を受け,アッシュールバニパルが再びこれを撃退したが,ネコは一時アッシリアの首都ニネベに反逆のかどで送られた。赦免とともにサイスの総督に就任。息子プサムティク1世が跡を継ぎ,アッシリアの内乱に乗じて,アッシリアのエジプト駐屯軍を破り,全エジプトを支配した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ネコ1世の関連キーワード末期王朝時代

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android