コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネコ1世 ネコいっせいNecho I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネコ1世
ネコいっせい
Necho I

古代エジプト第 26王朝 (前 664~525) 初代の王。前 672~664年頃活躍。第 24王朝のリビア系王族の子孫と考えられる。前 671年アッシリア王エサルハッドンが,下エジプトクシュ王国タハルカから奪取したとき,サイスの総督に任命された。タハルカの反撃にあい,一時避難したが,前 667年エサルハッドンの子アッシュールバニパルがこれを撃退,ネコはエジプトにおける首席総督に選ばれ,第 26王朝を創始した。その後再度クシュ王国の侵略を受け,アッシュールバニパルが再びこれを撃退したが,ネコは一時アッシリアの首都ニネベに反逆のかどで送られた。赦免とともにサイスの総督に就任。息子プサムティク1世が跡を継ぎ,アッシリアの内乱に乗じて,アッシリアのエジプト駐屯軍を破り,全エジプトを支配した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ネコ1世の関連キーワード甲子の宣ミャンマーの民主改革ミャンマー総選挙(2015年)玄奘長崎県の山城全国の待機児童消費増税の延期ウィットビー修道院玄奘広弘明集