プトレマイオス11世アレクサンドロス2世(読み)プトレマイオスじゅういっせいアレクサンドロスにせい(英語表記)Ptolemaios XI Alexandros II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プトレマイオス11世アレクサンドロス2世
プトレマイオスじゅういっせいアレクサンドロスにせい
Ptolemaios XI Alexandros II

[生]前115頃
[没]前80
プトレマイオス朝の王 (在位前 80) 。同朝直系の最後の王。プトレマイオス 10世アレクサンドロス1世の子。祖母クレオパトラ3世と父がセレウコス朝と戦ったとき,財宝を持ってコス島に避難。前 88年頃ローマと戦っていたポントス王ミトラダテス6世がコス島を占領したとき,捕えられた。4年後ローマ人のもとに逃亡し,人質としてさらに3年間ローマで過した。伯父のプトレマイオス9世が死ぬとローマの将軍 L.スラの同意を得てエジプトに帰還,伯父の妃であった母ベレニケ3世を妃とし,共同統治 19日目に彼女を暗殺したが,自分も殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android