コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プトレマイオス4世フィロパトル プトレマイオスよんせいフィロパトルPtolemaios IV Philopatōr

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プトレマイオス4世フィロパトル
プトレマイオスよんせいフィロパトル
Ptolemaios IV Philopatōr

[生]?
[没]前205.11.
プトレマイオス朝 4代目の王 (在位前 221~205頃) 。プトレマイオス3世エウエルゲテスの子。愛父王 (フィロパトル) とも呼ばれる。治世中,海外領土の多くが失われ,先住民の反乱が起り,プトレマイオス朝エジプトの弱体化が始った。王自身,大酒飲み,遊び人で,悪い廷臣に取囲まれ,母,叔父,兄弟を殺したといわれる。セレウコス朝はこの機会に攻勢に転じ,アラブ系部族がそれに加わったので,エジプト側は先住民を歩兵ならびに騎兵として大量に用いざるをえなかった。そのため,のちに先住民の反乱に悩まされた。前 217年春のラフィアの戦いでは勝利し,コエレ=シリアを獲得。その後,妹アルシノエ3世と結婚し,前 210年に長男誕生。前 205年没したが,公表されず,また妃アルシノエも廷臣ソシビオスに殺された。当時5歳の王子が王位を継いだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

プトレマイオス4世フィロパトルの関連キーワードプトレマイオス5世エピファネスアンチオコス3世クレオメネス3世

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android