コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プフォルツハイム プフォルツハイム Pforzheim

2件 の用語解説(プフォルツハイムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プフォルツハイム
プフォルツハイム
Pforzheim

ドイツ南西部,バーデンウュルテンベルク州の都市。カルルスルーエ南東約 30km,シュワルツワルト北端のエンツ川沿いに位置する。ローマ時代の植民地で,1195年頃都市権獲得。その後,ときとしてバーデンバーデン侯などの居地となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プフォルツハイム
ぷふぉるつはいむ
Pforzheim

ドイツ南西部、バーデン・ウュルテンベルク州の都市。フォルツハイムともいう。人口11万7200(2000)。シュワルツワルト北東部、ネッカー川水系のエンツ川とナーゴルド川の合流点に位置する。市街地の大部分は東流するエンツ川の北岸にあり、谷底部はローマ時代の遺跡のある旧市街、南向き斜面には中世以降の新市街がある。ナーゴルド川流域の中心都市で、伝統工業として宝石・金銀細工などの装飾工芸が盛んで「金の町」とよばれるほか、時計製造も行われる。1565年までバーデン・ドゥアラッハ辺境伯の宮廷都市であった。[朝野洋一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プフォルツハイムの関連キーワードビュルテンベルクエーベルバッハカールスルーエ城カールテオドール橋バーデンウュルテンベルクバーデンビュルテンベルクマールバハハイルブロン・ヴュルテンベルク室内管弦楽団ルートヴィヒスブルク陶磁器工場バーデン・ビュルテンベルク

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プフォルツハイムの関連情報