コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プフォルツハイム プフォルツハイムPforzheim

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プフォルツハイム
Pforzheim

ドイツ南西部,バーデンウュルテンベルク州の都市。カルルスルーエ南東約 30km,シュワルツワルト北端のエンツ川沿いに位置する。ローマ時代の植民地で,1195年頃都市権獲得。その後,ときとしてバーデンバーデン侯などの居地となった。 18世紀から宝石加工業と時計製造業の中心となり,現在は機械,ラジオ,テレビ,製紙などの工業も立地する。聖ミヒャエル聖堂 (13~15世紀) ,パルフュッサーキルヘ (13世紀) などの歴史的建造物がある。人口 11万9781(2010)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プフォルツハイム
ぷふぉるつはいむ
Pforzheim

ドイツ南西部、バーデン・ウュルテンベルク州の都市。フォルツハイムともいう。人口11万7200(2000)。シュワルツワルト北東部、ネッカー川水系のエンツ川とナーゴルド川の合流点に位置する。市街地の大部分は東流するエンツ川の北岸にあり、谷底部はローマ時代の遺跡のある旧市街、南向き斜面には中世以降の新市街がある。ナーゴルド川流域の中心都市で、伝統工業として宝石・金銀細工などの装飾工芸が盛んで「金の町」とよばれるほか、時計製造も行われる。1565年までバーデン・ドゥアラッハ辺境伯の宮廷都市であった。[朝野洋一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

プフォルツハイムの関連キーワードウィーラント(Heinrich Otto Wieland)プフォルツハイム装身具美術館南西ドイツ室内管弦楽団シュナイダーシュトラウス手島 孝教ロイヒリン

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android