コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プフリューガー プフリューガー Pflüger, Eduard Friedrich Wilhelm

2件 の用語解説(プフリューガーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プフリューガー
プフリューガー
Pflüger, Eduard Friedrich Wilhelm

[生]1829.6.7. ハーナウ
[没]1910.3.16. ボン
ドイツ生理学者。マールブルクベルリン両大学に学ぶ。 1859年以降ボン大学教授。筋肉の収縮と刺激電流の関係を明らかにする (1859) など,神経生理学,代謝生理学,発生学,蛋白質化学をはじめとする広い領域にわたって数多くの研究を行なった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プフリューガー
ぷふりゅーがー
Eduard Friedrich Wilhelm Pflger
(1829―1910)

ドイツの生理学者。初め法律を学んだが、のちにマールブルク、ベルリン両大学で医学、生理学を修め、デュ・ボア・レイモンに師事した。1858年ベルリン大学の生理学教授。1859年ボン大学教授、生理学研究所長。神経生理学をはじめ、代謝・呼吸に関する生理学や発生学に関する業績が多い。神経筋標本の神経を直流で刺激するとき、どのような場合に筋肉の収縮がおこるかは、「プフリューガー収縮の法則」として知られている。また、呼吸の行われる場所が組織であり、血液ではないことを示したほか、脊髄(せきずい)の感覚中枢的機能、腸管運動、体温調節に関する実験など多くの研究で知られる。[村上 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プフリューガーの関連キーワードハーナウアメリカーナ百科事典イブンシーナーエヌシャージャハーンハーフハーバルスリーパイプクリーナードント・ストップ・ミー・ナウハーベー,E.N.

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone