コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プフリューガー プフリューガーPflüger, Eduard Friedrich Wilhelm

2件 の用語解説(プフリューガーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プフリューガー
プフリューガー
Pflüger, Eduard Friedrich Wilhelm

[生]1829.6.7. ハーナウ
[没]1910.3.16. ボン
ドイツ生理学者。マールブルクベルリン両大学に学ぶ。 1859年以降ボン大学教授。筋肉の収縮と刺激電流の関係を明らかにする (1859) など,神経生理学,代謝生理学,発生学,蛋白質化学をはじめとする広い領域にわたって数多くの研究を行なった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プフリューガー
ぷふりゅーがー
Eduard Friedrich Wilhelm Pflger
(1829―1910)

ドイツの生理学者。初め法律を学んだが、のちにマールブルク、ベルリン両大学で医学、生理学を修め、デュ・ボア・レイモンに師事した。1858年ベルリン大学の生理学教授。1859年ボン大学教授、生理学研究所長。神経生理学をはじめ、代謝・呼吸に関する生理学や発生学に関する業績が多い。神経筋標本の神経を直流で刺激するとき、どのような場合に筋肉の収縮がおこるかは、「プフリューガー収縮の法則」として知られている。また、呼吸の行われる場所が組織であり、血液ではないことを示したほか、脊髄(せきずい)の感覚中枢的機能、腸管運動、体温調節に関する実験など多くの研究で知られる。[村上 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

プフリューガーの関連キーワード鶴屋南北俚言集覧盆栽天満屋Jアダムズ伊沢蘭軒海上胤平瓜生岩エギナ島

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone