プライバシーマーク

大辞林 第三版の解説

プライバシーマーク

privacy+mark〕
個人情報の取り扱いを適切に行なっている民間企業に発行されるマーク。経済産業省の個人情報保護ガイドラインを満たした企業に対して、日本情報処理開発協会が発行する。店頭・宣伝広告・ホーム-ページなどで使用。 P マーク。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ビジネス用語集の解説

プライバシーマーク

プライバシーマークとは、個人情報の取り扱いに関する認証、
または個人情報の取り扱いに関する認証制度のことをいいます。

プライバシーマークは日本情報処理開発協会(JIPDEC)によって
管理されており、個人情報を取り扱う組織を一定の基準で審査し、
基準を満たした場合にプライバシーマークの使用を許可しています。

プライバシーマークの付与認定事業者も年々増加しており、
平成18年9月現在で5000社を超え、今後も増加が見込まれます。

出典 転職.jpビジネス用語集について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

プライバシーマーク

経済産業省の外郭団体、日本情報処理開発協会(JIPDEC)が管理する、個人情報取り扱いに関する認定制度。個人情報について「年1回以上の管理状況の確認」「管理責任者の配置」といった基準を満たすと、使用許諾が得られる。近年のインターネットの普及とともに問題化しているカード情報をはじめとする個人情報の漏えいに対応する規格として注目を集めている。人材派遣会社や印刷関係、最近ではネット系のベンチャーなども取得企業が増加しつつある。06年6月までに4467社が認定を取得。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android