コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流痕 りゅうこん current mark

2件 の用語解説(流痕の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

流痕

(1) 漣痕(ripple mark)と同義で堆積岩の成層面上に見られる周期的な波型模様.(2) 潮汐の水が引いたことによって,水流の結果,水底で潮汐平底(tidal flat)の堆積物が浸食されて形成された不規則な窪地の総称[Twenhofel : 1950].(3) cuspate ripple markと同義に用いられた[Kindle : 1917].cuspate ripple markは,魚の鱗が重なったように配列し,一つ一つが舌状の形をした舌状漣痕(linguoid ripple mark)と同義.(4) 流れによって形成された浸食構造の一般的な名称[Dzulynski & Walton : 1965].

流痕

乱流跡ともいい,乱流によってできた渦によって下位層の上部に掘り込まれた窪み.フルート(flute)やフルート・キャストflute cast)などと同義[Rich:1950].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

流痕の関連キーワード漣痕マークセンス飢餓漣痕不完全漣痕漣痕斜交層理横列スコアマーク引き摺り跡おたまじゃくしの巣干渉リップル

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

流痕の関連情報