コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラタイアイの戦 プラタイアイのたたかい

百科事典マイペディアの解説

プラタイアイの戦【プラタイアイのたたかい】

第2回ペルシア戦争中の前479年,スパルタのパウサニアス指揮下のギリシア軍がペルシア軍を撃破した戦い。プラタイアイPlataiaiは中部ギリシア,ボイオティアの地名。
→関連項目アリステイデス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プラタイアイのたたかい【プラタイアイの戦】

第2回ペルシア戦争において,前479年に戦われた合戦。サラミスの海戦のあとテッサリア地方で越冬したマルドニオス麾下(きか)のペルシア地上軍は,翌春再びアッティカを占領し,スパルタの摂政パウサニアス麾下のギリシア連合軍の出動を促して,これをボイオティア地方の平坦な丘陵地プラタイアイPlataiaiにおびき寄せた。アソポス川を挟んで両軍対峙し,この間,ペルシア軍騎兵隊はギリシア連合軍の給水地,補給路を脅かし,徹底的窮地に追い込んだが,マルドニオスのあせりに乗じてギリシア軍は奇跡的に決定的な勝利を得た。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のプラタイアイの戦の言及

【スパルタ】より

…スパルタはメッセニア領有によって食糧自給体制を確立し,民主政を実現したが,逆にヘイロータイ制度を維持するために,社会全体を兵営化するような特異な生活様式を強いられたのである。
[古典期]
 ペルシア戦争において,スパルタはコリントス地峡防衛に力を入れて,アテナイに名を成さしめたが,プラタイアイの戦でギリシア連合の盟主の威を示した。しかしペルシア追撃を指揮したパウサニアスの尊大な態度とエーゲ海域諸市への対応のつたなさのゆえに,エーゲ海域の諸市はアテナイに心を寄せた。…

【ペルシア戦争】より

…フェニキア船隊が完全に戦意を失い,クセルクセスはアジアに敗走した。 ほとんど無傷のままテッサリア地方で越冬したマルドニオス麾下のペルシア陸軍は,前479年の春とともに行動を起こし,アテナイを再び劫掠(ごうりやく)したのち,ギリシア連合軍をボイオティア地方のプラタイアイの野におびき寄せて殲滅(せんめつ)を計ったが,勝をあせって敗退した(プラタイアイの戦)。同じ頃,サモス島に出撃したギリシア連合の船隊は,ペルシア軍をミュカレ半島で破り(ミュカレの戦),〈第2回イオニア反乱〉を惹起させた。…

※「プラタイアイの戦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

プラタイアイの戦の関連キーワードパウサニアス(ギリシアのスパルタの将軍)アリステイデス(政治家、軍人)総合年表(ヨーロッパ)ケファリニア[島]アテネ(ポリス)クセルクセス1世エウボイア島ミュカレの戦デロス同盟フォキス