プラニメーター(英語表記)planimeter

翻訳|planimeter

大辞林 第三版の解説

プラニメーター【planimeter】

不定形の面積を測る器具。二本の腕と、それをつなぐ関節部分とからなり、一方の腕の端を固定し、他方の腕の先の指針で図形をなぞると面積がわかる。面積計。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プラニメーター
ぷらにめーたー
planimeter

平面上の閉曲線で囲まれた図形の面積を計測する器械。面積計ともいう。で、固定された回転軸Oの周りに定木Lが自由に回転し、その先端または側面に観測用ルーペRが取り付けられ、Lに沿って半径方向に自由に移動できる。また、このRと連動するスライドSには目盛り付きの回転車Gがついていて、この回転車Gが紙面に接着して、定木やスライドを支えるとともに、定木Lの回転角に比例した回転量を示す。たとえばのa点からa′点までルーペRを移動させると、回転車Gはその間の曲線の長さ(c)に比例して回転し、これは扇形Oaa′の面積に比例する。次にRをa′からb′に戻し曲線(c′)に沿ってbまで移動すれば、回転車Gは扇形Ob′bの面積に比例して回転するが、今度は回転の正負の向きが逆なので、差し引き結局aa′b′bという閉曲線の面積に比例した回転量が得られる。最近ではコンピュータを取り付けたデジタル・プラニメーターも使われている。[尾崎幸男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のプラニメーターの言及

【面積計】より

…積分が容易な数式で記述され得ない曲線図形や複雑な形状の面積を求める場合に使われる。図形の境界を入力すると機械的手法で面積を算出する方式の代表例は,アムスラーJakob Amsler‐Laffon(1823‐1912)の考案とされるプラニメーターplanimeterで,その構造を図1に示す。2本の腕ABとCDとがCにおいて接し,軸のまわりに水平に回転できるようになっている。…

※「プラニメーター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android