コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラハ城 プラハジョウ

デジタル大辞泉の解説

プラハ‐じょう〔‐ジヤウ〕【プラハ城】

Pražský hrad》チェコの首都プラハにある城。9世紀半ばに建造され、14世紀のボヘミア王カレル1世(神聖ローマ皇帝カール4世)の時代に、ほぼ現在の姿になった。ボヘミア王や神聖ローマ皇帝の居城として使われ、現在は大統領府が置かれる。広大な敷地には、聖ビート大聖堂聖イジー教会、国立美術館、王宮美術館などがある。1992年、「プラハ歴史地区」の名で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

プラハじょう【プラハ城】

チェコの首都プラハにある城。14世紀にカレル4世によって改築され、現在の姿になった、歴代王の居城である。周囲は城壁に囲まれ、マティアーシュ門から入ると、広い敷地内には聖ヴィート大聖堂や旧王宮、聖イジー教会、聖イジー修道院、国立美術館、ロブコヴィツ宮殿などが点在している。城の南西にある正門には制服姿の衛兵が立ち、毎日行われる交代式が人気である。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

プラハ城の関連キーワードチェスキー・クルムロフチェスキークルムロフ城シュテルンベルク宮殿ドレスデン国立絵画館ビーラー・ホラの戦プラハ窓外放出事件マラーストラナダリボルカ黄金の小路黄金小道

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プラハ城の関連情報