プロテアーゼインヒビター

栄養・生化学辞典の解説

プロテアーゼインヒビター

 プロテアーゼ阻害剤タンパク質分解酵素阻害物質ともいう.プロテアーゼの活性を阻害する物質で,低分子の化合物から高分子のタンパク質まで,多くの種類がある.一般的には,プロテアーゼの活性中心の性質によって阻害物質が異なる.例えば,トリプシンなどのセリンプロテアーゼには特有のタンパク質の阻害物質(→トリプシンインヒビター)があり,システインプロテアーゼについても同様である(→シスタチン).同じセリンプロテアーゼについても,阻害物質が特異性を示すものもある.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android