コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロテインホスファターゼ protein phosphatase

デジタル大辞泉の解説

プロテイン‐ホスファターゼ(protein phosphatase)

リン酸化されたたんぱく質脱リン酸化する酵素加水分解によってたんぱく質からリン酸基を除去する。チロシン残基に作用するもの(チロシンホスファターゼ)とセリントレオニンの残基に作用するもの(セリン-トレオニンホスファターゼ)などがある。プロテインキナーゼと逆の反応を触媒するもので、生体内での糖代謝・平滑筋の収縮・細胞周期・細胞分化の制御・免疫系や神経系の維持などに重要な役割を果たしている。たんぱく質ホスファターゼ。たんぱく質脱リン酸化酵素。ホスホリラーゼホスファターゼPP(protein phosphatase)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のプロテインホスファターゼの言及

【加水分解酵素】より

…このような広義の栄養に関係した働きのほかに,生理機能の調節や制御に関係するものもある。例えば環状ヌクレオチドホスホジエステラーゼやプロテインホスファターゼは,それぞれ基質となるリン酸エステル結合を分解する作用を通じて,環状ヌクレオチドが仲介する細胞の代謝応答の制御に寄与している。またコリンエステラーゼは,シナプス前膜から放出されるアセチルコリンを分解して興奮の後始末をする。…

※「プロテインホスファターゼ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

プロテインホスファターゼの関連キーワードグリコーゲン合成酵素蛋白質ホスファターゼ蛋白質脱燐酸化酵素フォスファターゼスレオニン脱燐酸化