コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘテプヘレス Hetepheres

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘテプヘレス
Hetepheres

古代エジプト第4王朝 (前 2613頃~2494頃) 初代の王スネフルの妃。第3王朝の最後の王フニの娘で,「神の娘」という称号を得,王家の正統の血をひき,大ピラミッドを造ったクフを産み,王室において隠然たる勢力を有した。夫より長生きして,次王クフに埋葬された。その墓は 1925年に G.ライスナーによって,クフ王のピラミッドの東側にある通称「クイーンズ・ストリート」で発見された。アラバスター製の石棺,黄金の飾りやヒエログリフを象眼した輦台 (れんだい) ,ベッド,肘掛け椅子,金器銅器など多数が出土した。カイロのエジプト国立博物館ボストン美術館に分蔵されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヘテプヘレスの関連キーワードジョージ・アンドルー ライスナー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android