コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輦台/蓮台(読み)レンダイ

デジタル大辞泉の解説

れん‐だい【×輦台/×蓮台】

江戸時代、川を渡る客を乗せた台。ふつう、板に2本の担い棒をつけたもので、4人でかついだ。また、大名・貴人駕籠(かご)のまま乗せるものは大高欄といい、2、30人でかついだ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

輦台【れんだい】

蓮台,連台とも記す。江戸時代,旅客を乗せて川を渡した台。かつぎ棒2本を付け,人足がかつぐ。梯子(はしご)様の簡単なものから,大名,貴族が駕(かご)に乗ったまま乗る御駕台(おかだい)(大高欄とも。人足16〜24人くらい)まで種々あった。大井川の輦台渡は特に有名。
→関連項目川越

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

輦台
れんだい

江戸時代、川越(かわごし)に使われた乗り物。連台、蓮台とも書く。川を横切るには、架橋、渡船など種々の手段があり、歩いて渡る歩(かち)渡しもその一つ。東海道の大井川には1660年(万治3)ごろ専業の川越人足(にんそく)ができ、天保(てんぽう)末年(1840ころ)には482人と記録されている。歩渡しのうち手引き渡しや肩車渡しより高級なのが輦台渡しで、平(ひら)輦台は白木造りの梯子(はしご)状のもの、半高欄(こうらん)は手すりの板がついているが紅殻(べんがら)(弁柄)塗りのもの、その上の中高欄、大(だい)高欄になるとすべて漆塗りで、輿(こし)に乗ったままで運ばれる。平輦台は4人、客2人なら6人で担ぐが、大高欄になると先導の水切り役を含めて20~30人に及ぶことがあった。武士は渡し賃は不要だったが、輦台に乗るには台札(だいさつ)(切符)を要した。1871年(明治4)に川越人足は廃され、渡船に移行した。[井之口章次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android