コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輦台/蓮台 レンダイ

3件 の用語解説(輦台/蓮台の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

れん‐だい【×輦台/×蓮台】

江戸時代、川を渡る客を乗せた台。ふつう、板に2本の担い棒をつけたもので、4人でかついだ。また、大名・貴人を駕籠(かご)のまま乗せるものは大高欄といい、2、30人でかついだ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

輦台【れんだい】

蓮台,連台とも記す。江戸時代,旅客を乗せて川を渡した台。かつぎ棒2本を付け,人足がかつぐ。梯子(はしご)様の簡単なものから,大名,貴族が駕(かご)に乗ったまま乗る御駕台(おかだい)(大高欄とも。
→関連項目川越

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

輦台
れんだい

江戸時代、川越(かわごし)に使われた乗り物。連台、蓮台とも書く。川を横切るには、架橋、渡船など種々の手段があり、歩いて渡る歩(かち)渡しもその一つ。東海道の大井川には1660年(万治3)ごろ専業の川越人足(にんそく)ができ、天保(てんぽう)末年(1840ころ)には482人と記録されている。歩渡しのうち手引き渡しや肩車渡しより高級なのが輦台渡しで、平(ひら)輦台は白木造りの梯子(はしご)状のもの、半高欄(こうらん)は手すりの板がついているが紅殻(べんがら)(弁柄)塗りのもの、その上の中高欄、大(だい)高欄になるとすべて漆塗りで、輿(こし)に乗ったままで運ばれる。平輦台は4人、客2人なら6人で担ぐが、大高欄になると先導の水切り役を含めて20~30人に及ぶことがあった。武士は渡し賃は不要だったが、輦台に乗るには台札(だいさつ)(切符)を要した。1871年(明治4)に川越人足は廃され、渡船に移行した。[井之口章次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

輦台/蓮台の関連キーワード客室山谷船素船担架輦台渡し下ろせ駕籠軽尻道中駕籠乗掛け吉原駕籠

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone