ヘファイスチオン(英語表記)Hēphaistiōn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ヘファイスチオン」の解説

ヘファイスチオン
Hēphaistiōn

[生]前356頃
[]前324
古代マケドニアの将軍アレクサンドロス3世 (大王)の幼友だちであり,最も親しい仲間であった。有能な指揮官で,大王の帝国建設計画の熱心な理解者だった。遠征ではすぐれた働きをみせ,大王は彼のためにアケメネス朝ペルシアのキリアルコス (千人隊長) の役を復活させ,第1の部下であることを示した。その突然の死は大王をひどく悲しませたという。

ヘファイスチオン
Hēphaistiōn

2世紀中頃のギリシアの韻律研究家。アレクサンドリアの出身。『韻律論』 Peri Metrōn (48巻) からの抄録が現存する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android