コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘファイスチオン ヘファイスチオン Hēphaistiōn

2件 の用語解説(ヘファイスチオンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘファイスチオン
ヘファイスチオン
Hēphaistiōn

[生]前356頃
[没]前324
古代マケドニアの将軍。アレクサンドロス3世 (大王) の幼友だちであり,最も親しい仲間であった。有能な指揮官で,大王の帝国建設計画の熱心な理解者だった。遠征ではすぐれた働きをみせ,大王は彼のためにアケメネス朝ペルシアのキリアルコス (千人隊長) の役を復活させ,第1の部下であることを示した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ヘファイスチオン
ヘファイスチオン
Hēphaistiōn

2世紀中頃のギリシアの韻律研究家。アレクサンドリアの出身。『韻律論』 Peri Metrōn (48巻) からの抄録が現存する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘファイスチオンの関連キーワード階乗NエヌスンガN末端残基Diaz de la Peña,N.Gerhaert van Leyden,N.Jānībeg KhānJānībek KhānPoliteia tōn Romaiōn

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone