ヘフディング(英語表記)Höffding, Harald

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘフディング
Höffding, Harald

[生]1843.3.11. コペンハーゲン
[没]1931.7.2. コペンハーゲン
デンマークの哲学者。 1883~1915年コペンハーゲン大学教授。カント,ショーペンハウアー,イギリスの道徳哲学の影響を受けた。批判的実証主義の立場に立ち,形而上学,直観主義に反対した。主著『心理学概要』 Psychologie in Umrissen (1882) ,『近代哲学史』 Geschichte der neueren Philosophie (2巻,94) ,『宗教哲学』 Religionsphilosophie (1901) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android