コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘルティ Hölty, Ludwig Heinrich Christoph

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘルティ
Hölty, Ludwig Heinrich Christoph

[生]1748.12.21. マリーエンゼー
[没]1776.9.1. ハノーバー
ドイツの詩人。「ゲッティンゲン林苑同盟」 Göttinger Hainbundに属し,クロプシュトックなどの影響下に憂愁をたたえた民謡調の自然抒情詩を書いたが,肺結核のため夭折。死後,2巻の詩集が編まれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘルティ
へるてぃ
Ludwig Christoph Heinrich Hlty
(1748―1776)

ドイツの詩人。マリーエンゼーの牧師の子に生まれる。ゲッティンゲンで神学生のころ、同地の青年詩人たちと『森の詩社』を創設し、『年刊詩集』を発行する。のち家庭教師やイギリス文学の翻訳で暮らしたが、生活苦と肺疾のため若年で死去。遺稿詩集二巻が友人の手で刊行されたが、その詩は生と自然への愛を、ときには悲哀を込めて、ときには純朴な民謡調で歌っている。[義則孝夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヘルティの関連キーワードゲッティンゲン詩派12月21日ビュルガーベルリン

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android