ヘン=サムリン政権(読み)ヘン=サムリンせいけん

旺文社世界史事典 三訂版の解説

1979年にカンボジアに成立した親ヴェトナム政権
親中国のポル=ポト政権である民主カンプチアを打倒して1979年に成立した,カンボジア人民共和国の政権をさす。ヘン=サムリンは,ポル=ポト政権時代に粛正を逃れた共産党中堅幹部で,ヴェトナムの支援を受けてプノンペンを制圧して新政権を樹立したのち,1981年から国家評議会議長(国家元首)となった。同政権は,シアヌーク,旧ロン=ノル,ポル=ポトの反ヴェトナム三派連合の反対にあい,また国連の議席も得られずに国際社会からも孤立した。しかし1991年にパリで包括的和平協定が結ばれ,93年にはカンボジア王国が成立して解消した。なお,ヘン=サムリン政権の実質的指導者は,1980年代後半からはフン=センに移った。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android