コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘンテイ[山脈] ヘンテイ

2件 の用語解説(ヘンテイ[山脈]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ヘンテイ[山脈]【ヘンテイ】

モンゴルの北部を走る山脈。ケンティとも。全長約250km。平均標高は2000m。最高峰はアスラルト・ハイルハン山で2799m。ヘルレン川などの水源。12世紀―13世紀ごろ,モンゴル部はこの山を根拠地一つとしていた。
→関連項目オノン[川]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヘンテイ[山脈]【Khentii】

モンゴル高原北部にある山脈。〈ケンテイ〉ともいう。ウランバートル付近から北東へロシアヤブロノイ山脈方面に至る。全長約250km。平均高度1600~2000m。最高峰はモンゴル側にあるアスラルト・ハイルハン山で2799m。万年雪,氷河はない。モンゴルで最も降雨量が多く,高い方から高山,タイガ,森林ステップの各植物帯が分布し,オノン,ケルレンなどの川の源となっている。12~13世紀ごろモンゴル部はこの山を根拠地の一つとし,とくにこの山脈中の一峰ブルハン・ハルドゥンを尊崇していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone