コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘンテイ[山脈] ヘンテイ

2件 の用語解説(ヘンテイ[山脈]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ヘンテイ[山脈]【ヘンテイ】

モンゴルの北部を走る山脈。ケンティとも。全長約250km。平均標高は2000m。最高峰はアスラルト・ハイルハン山で2799m。ヘルレン川などの水源。12世紀―13世紀ごろ,モンゴル部はこの山を根拠地一つとしていた。
→関連項目オノン[川]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ヘンテイ[山脈]【Khentii】

モンゴル高原北部にある山脈。〈ケンテイ〉ともいう。ウランバートル付近から北東へロシアヤブロノイ山脈方面に至る。全長約250km。平均高度1600~2000m。最高峰はモンゴル側にあるアスラルト・ハイルハン山で2799m。万年雪,氷河はない。モンゴルで最も降雨量が多く,高い方から高山,タイガ,森林ステップの各植物帯が分布し,オノン,ケルレンなどの川の源となっている。12~13世紀ごろモンゴル部はこの山を根拠地の一つとし,とくにこの山脈中の一峰ブルハン・ハルドゥンを尊崇していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヘンテイ[山脈]の関連キーワードアルタイウラル山脈オノン川モンゴル語モンゴル帝国モンゴル文字内モンゴル自治区綏遠蒙古戈壁

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone