ヘンリク スタジェフスキ(英語表記)Henryk Stażewski

20世紀西洋人名事典の解説


1894.1.9 - ?
ポーランドの画家。
ワルシャワ生まれ。
ワルシャワの美術学校で1914〜19年まで学び、その後’37年までパリに住む。モンドリアン、ドゥースブルクと親交を持ち、「セルクル・エ・カレ」に所属し前衛展に参加する等キュビスム、ビュリスム、ネオプラスチシスムの影響を受ける。’45年以降具象を一時手掛けるが’60年頃から抽象に戻り、現代東欧最大の抽象画家と称される。「銅のレリーフ」(’64年)、「金属レリーフ」の連作(’63〜67年)から「色彩のレリーフ」へと移る。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android