コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベズビオ火山 ベズビオかざんVesuvio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベズビオ火山
ベズビオかざん
Vesuvio

英語ではベスビアス Vesuvius。イタリア南部カンパーニア州ナポリ湾の東岸にそびえる活火山 (1277m) 。山頂には深度 1300mの火口があり,北側にはソンマ外輪山が半円を描く。ヨーロッパ本土では唯一の活火山で,ポンペイを埋没させた 79年8月 24日の噴火をはじめ,たびたび大噴火を繰返し,噴火のたびに標高を変えている。最近の大噴火は 1944年。山容が美しく,ナポリの風景には欠かせぬものとなり,多くの歌や絵画,文学作品に取入れられてきた。ポンペイはその南麓にある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ベズビオ火山の関連キーワードカステランマレディスタビアトレアンヌンツィアータネープルス・イエロープリニウス(大)ポンペイ最後の日プリニウス(小)ボスコレアーレトレデルグレコヘルクラネウムプリニー式噴火プリニウススタビアエポルティチミセヌムカルデラ塩化鉄チツス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android