コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベタニア ベタニア Bēthania

3件 の用語解説(ベタニアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベタニア
ベタニア
Bēthania

ヘブライ語ではベイトハニヤ,アラビア語ではアイザリーヤ。エルサレム近郊のオリーブ山東麓にある小村。新約聖書によれば,この村にはラザンとその姉妹マルタマリアの家,癩者シモンの家などがあり,イエスがそれらを訪れたとされている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ベタニア(Bethany)

パレスチナ地方の古都エルサレム近郊の地名。旧市街の南東約3キロメートルオリーブ山の南東麓にあたるとされる。新約聖書によると、イエスが病死したラザロを生き返らせた場所として知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ベタニア【Bethany】

イスラエル,オリーブ山の東斜面,エルサレム‐イェリコ街道沿いにある村。かつてイエスと親しかったマルタとマリアの両姉妹と,その兄弟ラザロの故郷。死んで墓に葬られていたラザロをイエスが生きかえらせた場所(《ヨハネによる福音書》11,ラザロの復活),さらに復活したイエスの昇天の場所(《ルカによる福音書》24:51)として,すでに4世紀初めにはキリスト教徒の巡礼地となっていた。当時の名前ラザリウムLazariumは,現在の村のアラビア語名アザリエal‐Azariehにも残っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のベタニアの言及

【ラザロ】より

…マリアとマルタの兄弟。エルサレム郊外のベタニアに住む。《ヨハネによる福音書》第11章によれば,病のため死去したが,その4日後,布教先から帰ったキリストが,墓の前で祈り呼びかけると,奇跡的に蘇生した(ラザロの復活)。…

※「ベタニア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ベタニアの関連キーワードオリーブ山オリーブ山・オリブ山イスラエルロビーエルサレム賞西エルサレム主の泣かれた教会イスラエル60イスラエル交響曲イスラエル室内管弦楽団イスラエル[国]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone