コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベニバナイチヤクソウ(紅花一薬草) ベニバナイチヤクソウPyrola incarnata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベニバナイチヤクソウ(紅花一薬草)
ベニバナイチヤクソウ
Pyrola incarnata

イチヤクソウ科の多年草。北海道,本州中部以北の高山,千島,アジア大陸東部から北東部,北アメリカに分布し,冷温帯から亜寒帯の林中に生える。根茎は横に伸び,長い匐枝がある。葉は長さ3~5cmの柄があって根ぎわから数枚群生する。葉身は円状楕円形で長さ3~5cm,幅 2.5~4.5cm,光沢がある。花期は6~7月。花茎は長さ 15~25cmで稜角があり,1~3枚の鱗片葉をもち,7~15花をつける。花は径 1.2~1.5cmで紅紫色,短い柄の基部に包葉がある。は5枚,長さは幅の3~4倍で残存する。おしべは 10本, (やく) は赤紫色。めしべは1本で,花柱は花から長く突出して彎曲する。蒴果は径7~8mm。ほかのイチヤクソウ類と異なり群生するのが普通で,和名は花色に基づく。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android