ベニリンゴ(読み)べにりんご

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベニリンゴ
べにりんご / 紅林檎
[学]Malus beniringo Makino

バラ科の落葉高木。葉は互生し、楕円(だえん)形または広卵形で、縁(へり)に細鋸歯(きょし)がある。4~5月、太く短い花柄の先に白色または淡紅色の花を上向きに開く。この形状から別名ウケザキカイドウ(受咲海棠)ともいう。楕円形のリンゴに似た果実が垂れ下がる。先端に宿存萼(がく)があり、10月ころ紅色または黄色に熟す。本州北部原産で、おもに盆栽にするが、切り花にも用いる。繁殖はズミを台木にして接木(つぎき)する。日当りのよい肥沃(ひよく)な砂質壌土を好み、寒地でよく育つ。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android