ベニリンゴ(読み)べにりんご

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベニリンゴ
べにりんご / 紅林檎
[学]Malus beniringo Makino

バラ科の落葉高木。葉は互生し、楕円(だえん)形または広卵形で、縁(へり)に細鋸歯(きょし)がある。4~5月、太く短い花柄の先に白色または淡紅色の花を上向きに開く。この形状から別名ウケザキカイドウ(受咲海棠)ともいう。楕円形のリンゴに似た果実が垂れ下がる。先端に宿存萼(がく)があり、10月ころ紅色または黄色に熟す。本州北部原産で、おもに盆栽にするが、切り花にも用いる。繁殖はズミを台木にして接木(つぎき)する。日当りのよい肥沃(ひよく)な砂質壌土を好み、寒地でよく育つ。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

サンセット条項

買収防衛策の妥当性を担保するため、一定期間ごとにその適否を株主に諮る仕組みのこと。サンセットとはSunset(日没)の意。 2005年5月に経済産業省及び法務省が公表した「企業価値・株主共同の利益の確...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android