ベネディクツス4世(読み)ベネディクツスよんせい(英語表記)Benedictus IV

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ベネディクツス4世」の解説

ベネディクツス4世
ベネディクツスよんせい
Benedictus IV

[生]?. ローマ
[]903.7. ローマ
ローマ出身の第117代教皇在位 900~903)。その生涯と業績を伝える資料はほとんど残っていない。在位中は,死後に破門された教皇フォルモスス(在位 891~896)の評価をめぐってローマが分裂し,教皇の歴史の中で最も混迷を深めた時代の一つであった。900年6月,フランドル伯ボードアン2世(→ボードアン)を,ランス大司教のフルク暗殺を指示したとして破門した。901年2月には西ローマ皇帝ルイ3世(盲目王)を戴冠した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる