コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベネデン Beneden, Edouard van

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベネデン
Beneden, Edouard van

[生]1846.3.5. ルーバン
[没]1910.4.26. リエージュ
ベルギーの動物学者。父は高名な寄生虫学者。リエージュ大学教授 (1870) 。染色体数は種に特異的であることを示唆。ウマカイチュウを材料とし,生殖細胞がつくられるときに染色体数が半減することを発見。これらの発見は,遺伝の染色体説が形成されるための下地をつくった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベネデン
べねでん
Edouard van Beneden
(1846―1910)

ベルギーの動物学者。リエージュ大学教授。Pierre Joseph van Beneden(1809―1894、寄生虫や海産生物の研究者)の子。ボベリTheodor Heinrich Boveri(1862―1915)の詳細な研究(1910)に先だち、遺伝における染色体の重要性を、ウマカイチュウでの受精と卵割の観察から提唱した。生物の染色体数は生殖細胞の成熟分裂に際して半減し、受精によりもとに戻ること、生物体各部の細胞はすべて同じ数であり、さらに種に特異的であることを示唆した。彼の研究に近代実験発生学、遺伝学の萌芽(ほうが)をみることができる。主著に『ウマカイチュウにおける有糸分裂の観察』(1887)がある。[松崎沙和子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ベネデンの関連キーワードシュトラスブルガーベネーデン3月5日中生動物細胞学

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android