ベネデン(英語表記)Beneden, Edouard van

  • 1846―1910
  • Edouard van Beneden

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1846.3.5. ルーバン
[没]1910.4.26. リエージュ
ベルギーの動物学者。父は高名な寄生虫学者。リエージュ大学教授 (1870) 。染色体数は種に特異的であることを示唆ウマカイチュウを材料とし,生殖細胞がつくられるときに染色体数が半減することを発見。これらの発見は,遺伝の染色体説が形成されるための下地をつくった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベルギーの動物学者。リエージュ大学教授。Pierre Joseph van Beneden(1809―1894、寄生虫や海産生物の研究者)の子。ボベリTheodor Heinrich Boveri(1862―1915)の詳細な研究(1910)に先だち、遺伝における染色体の重要性を、ウマカイチュウでの受精と卵割の観察から提唱した。生物の染色体数は生殖細胞の成熟分裂に際して半減し、受精によりもとに戻ること、生物体各部の細胞はすべて同じ数であり、さらに種に特異的であることを示唆した。彼の研究に近代実験発生学、遺伝学の萌芽(ほうが)をみることができる。主著に『ウマカイチュウにおける有糸分裂の観察』(1887)がある。

[松崎沙和子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android