ベビーピンク(英語表記)baby pink

色名がわかる辞典の解説

ベビーピンク【baby pink】

色名の一つ。JISの色彩規格では「うすい」としている。一般に、西洋で乳幼児服の標準色として習慣的に用いられてきた薄いピンク色をさす。主に女児が対象。日本でも同様だが、ピンク色と称し、とくにベビーピンクと呼ぶ ことは少ない。西洋では男児向けにベビーブルーという標準色がある。ただし、フランスの母親は男児だけではなく女児にもベビーブルーを着せるという。日本の場合、ベビーピンクの色名としては若い女性向けの衣料品、日用雑貨、陶磁器など用いられている。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ベビーピンク【baby pink】

欧米のベビー服に用いられる、紫がかったうすいピンク色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベビーピンクの関連情報