コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベヘザード Behzād

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベヘザード
Behzād

[生]1455?.ヘラート
[没]1536?.タブリーズ
ペルシア・ミニアチュール (細密画) の代表画家。フルネーム Ustād Kamāl Ad-dīn Behzād。ヘラート派の中心人物として,チムール朝スルタン,フサイン・バイカラの庇護を受けてヘラート美術院院長として活躍。 1506年のスルタンの死後,サファビー朝のシャー・イスマーイール1世からタブリーズに招かれて宮廷図書館長となり (1522) ,タブリーズ派の基礎を築いた。いきいきとした人物描写と自然主義的な風景を,豊かな色彩と調和させて情趣ある画面を構成し,中国的要素の少ないペルシア・ミニアチュールの作風を確立した。主要作品はニザーミー著『ハムセ』,サーディーの詩『果樹園』 Bustānの写本挿絵。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ベヘザードの関連キーワードスルタン・ムハンマドアーガー・ミラクイスラム絵画

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android