コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルトルト2世 ベルトルトにせいBerthold II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルトルト2世
ベルトルトにせい
Berthold II

[生]1050頃
[没]1111.4.12.
ドイツのツェーリンゲン家シュワーベンベルトルト1世の息子。父と神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世との確執を継ぎ,1092年以後シュワーベン公を自称したが,97年には皇帝と和解し,シュワーベンを放棄した。しかしチューリヒを中心とする豊かな領土のゆえに帝国直属身分と公の称号を与えられ,それを子孫に伝えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ベルトルト2世の関連キーワードコンピュータにおける数値の表現大江匡房パスカリス2世SXGA+ドイツ語国民医療費エアバスとEADS山一証券

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android