コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルナルド

2件 の用語解説(ベルナルドの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ベルナルド

?-1557 戦国時代のキリシタン。
日本人最初のヨーロッパ留学生。天文(てんぶん)18年(1549)生地鹿児島ザビエルから洗礼をうけ,平戸,山口,京都へ同行。20年ザビエルとゴアにわたり,22年リスボンイエズス会に入会。ローマ法王庁でイエズス会総長にあい,ポルトガルのコインブラ大で勉強中,弘治(こうじ)3年1月病死した。通称は鹿児島のベルナルド

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

ベルナルド

没年:1557.1(1557.1)
生年:生年不詳
鹿児島のベルナルドと呼ばれ,日本人最初のヨーロッパ留学生。薩摩出身。ザビエルの鹿児島における最初のキリシタンひとりで,平戸,山口,京都への旅にも同行した。ザビエルは離日に当たり,ベルナルドと山口のマテオを渡欧させるためインドに同伴,マテオはゴアで病死し,ベルナルドは1553(天文22)年リスボンに到着,日本人として初めてヨーロッパの土を踏んだ。リスボンでイエズス会に入会,55年にはローマを訪れイエズス会総長に面会した。その後もポルトガルのコインブラ大で勉学中,惜しくも57年に病死した。同地に墓碑が残る。<参考文献>河野純徳『聖フランシスコザビエル全生涯』

(片岡千鶴子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベルナルドの関連キーワードノベル鹿児島大学アンジローカナカアケルナル日芸おやっとさあ鹿児島のベルナルドこいじゃが

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベルナルドの関連情報