コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルンの時計塔 ベルンのとけいとう

1件 の用語解説(ベルンの時計塔の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ベルンのとけいとう【ベルンの時計塔】

スイスの首都ベルンマルクト通りとクラム通りの境に立つ大きな時計塔。ベルンのランドマークの一つで、市民からはドイツ語で「時計塔」という意味の「ツィートグロッケトゥルム」の名前で親しまれている。13世紀の初めに町を囲む城壁の西門として建てられた建物に、1530年に時計が取り付けられたのが最初である。現在の時計塔は16世紀に再建されたもので、ベルン最古の建造物である。この時計塔の天文時計は、以来400年以上も時を刻み続けている。1時間ごとに黄金の鶏、砂時計を持った男、金色のハンマーが時を告げる。正面からよりも、むしろ裏手に回ったほうが眺めがよいといわれる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベルンの時計塔の関連キーワードベルンカーレンベルクケルントナー通りザンクトマルクス墓地シュテッヘルベルクシュテルンベルク宮殿バルベリーニ広場ベルクシュルントハムラツィーベレメリット

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone