コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルンの時計塔 ベルンのとけいとう

1件 の用語解説(ベルンの時計塔の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ベルンのとけいとう【ベルンの時計塔】

スイスの首都ベルンマルクト通りとクラム通りの境に立つ大きな時計塔。ベルンのランドマークの一つで、市民からはドイツ語で「時計塔」という意味の「ツィートグロッケトゥルム」の名前で親しまれている。13世紀の初めに町を囲む城壁の西門として建てられた建物に、1530年に時計が取り付けられたのが最初である。現在の時計塔は16世紀に再建されたもので、ベルン最古の建造物である。この時計塔の天文時計は、以来400年以上も時を刻み続けている。1時間ごとに黄金の鶏、砂時計を持った男、金色のハンマーが時を告げる。正面からよりも、むしろ裏手に回ったほうが眺めがよいといわれる。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone