コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルール Béroul

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルール
Béroul

12世紀フランスの物語作者。生涯については不明。 1170~90年にケルト起源の「トリスタンとイズー」伝説をもとに,ノルマンディー方言で約 4500行の『トリスタン』 Tristanを著わした。これは流布本系統の代表作で,同時代のトマの作品に比べて,粗野で荒削りな魅力がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ベルール(Belur)

インド南部、カルナータカ州の町。12世紀前半から14世紀前半にかけて同州南部を支配した、ホイサラ朝の都が一時置かれた。12世紀前半、ホイサラ朝の創始者ビッティガ(ビシュヌバルダーナ)王が戦勝記念に建てたチェナケーシャバ寺院は、星型の基壇をもつホイサラ様式のヒンズー教寺院の傑作として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のベルールの言及

【トリスタンとイゾルデ】より

…モロアの森に追放されたあと,二人は離別を強いられるが愛は変わらず,やがて重傷を負ったトリスタンがイゾルデの到着を待ちきれず死ぬと,イゾルデもあとを追うようにして死ぬ。 制度の弾圧によっても抑止できぬ性愛,それも死によって完結する運命的情熱の物語は,例えば《デイアメイドとグレイン》のようにケルト人の伝承に起源をもつが,1170年ころ,同じく失われた原本から出発した2人の作者,ドイツのアイルハルト・フォン・オーベルゲEilhart von Oberge,フランスのベルールBéroulによって書かれた。媚薬に決定的な役割を与え,主人公が情熱を満たすためには詐術や暴力も辞さぬなど,荒削りな原型をよく伝えていると思われるこの二つの物語と,ベルン写本《トリスタン佯狂》(12世紀末?),《散文トリスタン》(1215‐30?)を〈流布本(俗本)系統〉と呼ぶ。…

※「ベルール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ベルールの関連キーワードトリスタンとイゾルデ(物語)ラーマクリシュナ・ミッションビベーカーナンダソームナートプル宮廷文学ロマンスイズー

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android