ベンガル菩提樹(読み)ベンガルぼだいじゅ

精選版 日本国語大辞典「ベンガル菩提樹」の解説

ベンガル‐ぼだいじゅ【ベンガル菩提樹】

〘名〙 クワ科の常緑高木。インド東部原産で、熱帯各地で広く緑陰樹として植えられる。日本では観葉植物として栽培。高さ二〇~三〇メートル。樹皮灰白色。枝から多数の気根を垂らして横に広がり、しばしば一樹で森林状となる。葉は革質、柄をもち卵形で長さ一〇~二〇センチメートル。花・果実はイチジクに似て小さい。樹脂からワニスを製造する。バンヤン

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android