コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無花果/映日果 イチジク

デジタル大辞泉の解説

いちじく【無果/映果】

クワ科の落葉高木。高さ約4メートル。葉は手のひら状に裂けていて、互生する。初夏、卵大の花嚢(かのう)を生じ、内部に多数の雄花と雌花をつけるが、外からは見えない。熟すと暗紫色になり、甘く、生食のほかジャムなどにする。茎・葉は薬用。寛永年間(1624~1643)に渡来した。日本のものは雄花を欠き、挿し木でふやす。いちじゅく。 秋》「―をもぐ手を伝ふ雨雫/虚子

むか‐か〔ムクワクワ〕【無花果】

イチジクの漢名。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例