無花果(読み)イチジク

  • いちじゅく
  • むかか
  • むかか ムクヮクヮ
  • むかか〔ムクワクワ〕
  • トウガキ)
  • 果樹類
  • 無=花=果/映=日=果
  • 無花果 (イチジク・イチジュク
  • 無花果 (イチジュク)

デジタル大辞泉の解説

クワ科の落葉高木。高さ約4メートル。葉は手のひら状に裂けていて、互生する。初夏、卵大の嚢(かのう)を生じ、内部に多数の雄花と雌花をつけるが、外からは見えない。熟すと暗紫色になり、甘く、生食のほかジャムなどにする。茎・葉は用。寛永年間(1624~1643)に渡来した。日本のものは雄花を欠き、挿し木でふやす。いちじゅく。 秋》「―をもぐ手を伝ふ雨雫/虚子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

学名:Ficus carica
植物。クワ科の落葉低木,園芸植物,薬用植物
植物。クワ科の落葉低木・小高木。イヌビワの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

東海地方、愛知県地域ブランド
主に安城市碧南市などで生産されている。いちじく栽培が愛知県で本格化したのは、昭和40年代以降。は薬としても使われていた。食物繊維・ビタミン類・カルシウム鉄分などのミネラルを多く含み、美容と健康によい。ハウス栽培と露地栽培ともにある。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
※多識編(1631)三「無花果 波奈々志、久太毛乃、今案、一熟也」
※邪宗門(1909)〈北原白秋〉天草雅歌・角を吹け「無花果(イチジュク)の乳をすすり、ほのぼのと歌はまし」
② =いちじく(無花果)②〔語彙(1871‐84)〕
〘名〙 植物「いちじく(無花果)」の漢名。〔薬品手引草(1778)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無花果の関連情報