コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベンゾジアゼピン中毒 べんぞじあぜぴんちゅうどく

1件 の用語解説(ベンゾジアゼピン中毒の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

べんぞじあぜぴんちゅうどく【ベンゾジアゼピン中毒】

 ベンゾジアゼピンは、元来は抗不安薬ですが、催眠効果の高いものがあって、催眠鎮静薬としても使用されています。
 抗不安薬としても、催眠薬としても現在、使用頻度がもっとも高くなっています。
[症状]
 傾眠(けいみん)(強い眠け)、構語障害、失調(からだが思うように動かない)、複視(二重に見える)、知的障害などがおこります。
 血圧低下、呼吸数の減少、呼吸まひがおこることもあります。
[治療]
 飲んで30分以内であれば吐(は)かせます。
 飲んで2時間以内であれば初期治療(「医師が行なう中毒の初期治療」)の胃洗浄を行ないます。
 そのほかの初期治療としては、吸着剤の活性炭や下剤(げざい)の使用、ベンゾジアゼピンの拮抗薬(きっこうやく)であるフルマゼニルの注射も行なわれます。
 誤嚥(ごえん)の防止(気管内挿管)、呼吸の補助(酸素吸入)などの保存的治療も必要です。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone