コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

誤嚥 ゴエン

3件 の用語解説(誤嚥の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ご‐えん【誤×嚥】

[名](スル)飲食物や唾液が誤って気管に入ってしまうこと。また、異物を間違って飲んでしまうこと。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ごえん【誤嚥】

( 名 ) スル
異物を誤って飲みこむこと。
誤って気道内に食物が流入してしまうこと。嚥下障害がある人にみられる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

誤嚥
ごえん

気管内に固形物や流動物など異物を誤って飲み込む、または吸い込むこと。正常時には、食物などを飲み込む嚥下(えんげ)の際に嚥下反射によって気道の入り口は喉頭蓋(こうとうがい)によってふさがれ、気道への食物の侵入を阻止すると同時に嚥下物は食道、さらには消化管へと送られる。気道が閉じられ食道が開かれている時間はおよそ0.5秒とされる。この短い時間に食物を安全に飲み込むためには、そしゃくにより刻まれ、砕かれ、つぶされて、唾液(だえき)と混ざり合った食塊となっていることが望ましい。しかし、そしゃくから嚥下に至る動作をつかさどる神経の麻痺(まひ)や、運動制限の原因となる腫瘍(しゅよう)などがあると、一連の動作がスムーズに行えず(嚥下障害)、食塊もうまくつくれなくなって誤嚥を生ずる。高齢者や認知症患者などでは、誤嚥性肺炎やときに窒息などを引き起こしやすくなる。
 「誤飲」という表現も誤嚥と同義として扱われることがあるが、厳密には小児が食べ物でないものを誤って食べたり飲み込んだりしてしまう場合を「誤飲」または「誤食」とよんで区別する。これには成人が食用と誤って毒キノコや有毒の魚貝などを食べてしまう場合も含まれる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

誤嚥の関連キーワード供御飲食物嚥下障害口直し溜飲噎せる食物特異体質唾液分泌過多呈味物質食道気管・気管支瘻

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

誤嚥の関連情報