ベンチャー企業

株式公開用語辞典「ベンチャー企業」の解説

ベンチャー企業

産業構造転換期には、産業主役が交代し、最先端分野でそれまでなかった新しいビジネスが生まれ、そして新しい市場が作り出される。そんな時代のニーズ背景に、独自の技術や製品で成長していく企業を「ベンチャー企業」と呼んでいる。普通この呼び方は、新規に興され、創業からあまり時が経っていない企業に対して用いる。既存の大手企業が新技術や新製品を開発したような場合には、ベンチャー企業とは呼ばない。情報化社会の急速な進展で、情報通信に関連した分野では、周辺機器・ソフトウェアの開発・情報提供サービスなど、数多くのベンチャー企業を輩出している。以前は、創業間もない企業は信用力がなく、金融機関からの融資が受けにくかったため、設備投資や研究開発資金に困り、ビジネスが立ち遅れるケースがあった。しかし最近では、資本市場から資金調達を行うために、株式公開を目指す企業が増えてきている。証券取引所にも公開基準の緩やかな新しい市場が創設されている。株式公開を果たすベンチャー企業は、これからも続々と増えてくる。また、有望なベンチャー企業を選んで出資するベンチャーキャピタルも増えてきている。

出典 株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント株式公開用語辞典について 情報

デジタル大辞泉「ベンチャー企業」の解説

ベンチャー‐きぎょう〔‐キゲフ〕【ベンチャー企業】

《ventureは「冒険的な企て」の意》新技術・新事業を開発し、事業として発足させた中小企業。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android