コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベークマン ベークマンBeeckman, Isaac

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベークマン
Beeckman, Isaac

[生]1588.12.10. ミドルブルク
[没]1677.5.19. ドルトレヒト
オランダの物理学者。ライデン大学で哲学や神学を学んだ。父親の工場で働いたり,ラテン語学校の教師をしたりしながら数学や自然科学の研究を続けた。当時の新しい科学思想に敏感で,コペルニクスの説,宇宙が無限であるという考え,復活した原子論,W.ハーベイの血液循環説などをいちはやく受入れた。 1618年には,落下物体の距離は落下時間の2乗に比例するという関係を見出し,27年には大気の圧力と体積の関係を確かめた。 F.ベーコンや W.ギルバートの著作を深く学び,R.デカルトや M.メルセンヌとも親交があった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ベークマンの関連キーワードライデン大学物理学者神学

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android