コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギルバート Gilbert, Cass

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギルバート
Gilbert, Cass

[生]1859.11.24. アメリカ,オハイオ,ゼーンズビル
[没]1934.5.17. イギリス,ハンプシャー,ブロッケンハースト
アメリカの近代建築家。マサチューセッツ工科大学に学んだのち,ヨーロッパに遊学,帰国後マッキム・ミード・ホワイト事務所で働く。ミネソタ州セントポールに移り,1896~1903年にミネソタ州会議事堂を建設。ニューヨークに戻り,税関 (1907) ,ユニオン・クラブ (06~07) を手がけ,ゴシック様式の 60階建ての摩天楼ウールワースビル (11~13) を建てて,当時最も有名な建築家となる。そのほか,新古典主義的な様式のワシントン D.C.の最高裁判所 (33) などを建てている。

ギルバート
Gilbert, Grove Karl

[生]1843.5.6. ニューヨーク,ロチェスター
[没]1918.5.1. ミシガン,ジャクソン
アメリカの地質学者。 1869年第2次オハイオ州地質調査隊に加わったのを手始めに,各種の探検調査に加わる。 79年アメリカ合衆国地質調査所が創設されると,すぐ所員に任命された。アメリカ地質学会会長 (1892) 。地殻の大変動の基本になっている造山運動と造陸運動を区別することを提唱。ナイアガラ瀑布の地質研究で著名。主著『ボンヌビル湖研究』 Bonneville Monograph (90) 。

ギルバート
Gilbert, Sir Humphrey

[生]1539頃.ダートマス
[没]1583.9.
イギリスの軍人,航海者。 W.ローリーの異父兄。アイルランド従軍後,下院議員。 1572年オランダの独立戦争に従軍。 78年エリザベス1世から特許状を得て念願の北西航路探検を開始して失敗。 83年再開してニューファンドランドに到着,それを女王の植民地としたが,帰航の途中アゾレス諸島沖で嵐にあい,乗船と運命をともにした。

ギルバート
Gilbert, James William

[生]1794.3.21. ロンドン
[没]1863.8.8. ロンドン
イギリスの銀行家。ロイヤル・ソサエティの会員で,銀行問題の著述家。 1813年から銀行員となり,33年に最初の株式銀行としてロンドンに設立されたロンドン・ウェストミンスター銀行の総支配人となった。この株式銀行に対して,イングランド銀行や個人銀行から攻撃,妨害が加えられたが,彼は株式銀行側の代表として,著述および議会での証言によってこれを克服,株式銀行発展のために貢献した。学問上では,「銀行業者は借主と貸主の間に立つ媒介者である。彼は一方より借りて他方に貸す。そして彼が借りる条件と貸す条件との差が彼の利潤の源泉となる」という,銀行機能における「信用媒介説」の古典的主張者として知られている。主著『銀行の歴史,原理および業務』 The History,Principles and Practice of Banking (1834) 。

ギルバート
Gilbert, Sir John

[生]1817.7.21. ロンドン
[没]1897.10.5. ロンドン
イギリスのロマン主義の画家。水彩画家として,またシェークスピア,W.スコット,J.ミルトン,M.セルバンテスなどの本の挿絵画家として有名。明暗コントラストの強い画面に描き出される情景は,ロマンチックで雄大なスケールをもっている。

ギルバート
Gilbert, Walter

[生]1932.3.21. ボストン
アメリカの分子生物学者。ハーバード大学卒業 (1953) 後,ケンブリッジ大学で数学と物理学を修め,1957年学位取得。ハーバード大学講師 (58) ,助教授 (59) ,理論物理学教授 (68) ,72年同大学分子生物学教授。 1960年代は遺伝子の働きを制御する分子の分画,精製,単離に成果をあげた。 77年弟子の A.マクサムとともに,デオキシリボ核酸塩基配列を簡単に決定する方法として,連鎖分子を構成する4種の塩基中の特定の1つが占める位置においてのみ連鎖を分断する条件を発見した。これは「マクサム=ギルバートの方法」として広く利用されている。これにより,80年ノーベル化学賞を受賞した。

ギルバート
Gilbert, William

[生]1544.5.24. コールチェスター
[没]1603.12.10. ロンドン/コールチェスター
イギリスの医者,自然哲学者。ケンブリッジ大学卒業,1569年学位取得。 1601年エリザベス1世侍医となった。彼の磁気に関するさまざまな実験的研究,とりわけ地球全体を1つの磁石とみなして,今日でいう地磁気の諸性質 (なかでも伏角の発見) を明らかにした功績によって,近代磁気学の祖と評価されている。彼は宇宙の構造として近代的な体系,つまりコペルニクス説を信じたが,地球の自転や惑星の運動は磁気によるという神秘的な考えをもっていた。また,コハク (琥珀) や水晶を摩擦すると他の軽い物体をひきつけることを見出し,この現象を磁気と区別し,ギリシア語エレクトロン (琥珀) にちなんで,エレクトリックと形容したのが今日の電気 electricityの語源となった。主著『磁石について』 De Magnete (1600) 。

ギルバート
Gilbert, Sir William Schwenck

[生]1836.11.18. ロンドン
[没]1911.5.29. ミドルセックス,ハローウィールド
イギリスの劇作家。作曲家 A.サリバンと組んで数多くのコミック・オペラの台本を執筆,ギルバート=サリバン・オペラの名で知られた。これらは主としてサボイ劇場で上演されたため,サボイ・オペラの別称もある。代表作は『軍艦ピナフォア』 H.M.S.Pinafore (1878) ,『ペンザンスの海賊』 The Pirates of Penzance (79) ,『ミカド』 The Mikado (85,日本の天皇と吉原の生活がテーマ) など。 1907年ナイトの称号を受けた。

ギルバート
gilbert

起磁力および磁位の CGS電磁単位またはガウス単位。記号は Gb。他の電磁単位および SI単位アンペアとの関係は 1Gb=(1/4π)×10A 。単位名は W.ギルバートの名にちなむ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ギルバート(gilbert)

CGS単位系起磁力の単位。1ギルバートは10/4πアンペア回数に相当。名称はW=ギルバートにちなむ。記号Gb

ギルバート(William Gilbert)

[1544~1603]英国の医師・物理学者。磁気現象を実験的に研究し、地球が磁石であるという仮説を導入。磁気と区別して電気にエレクトリックの名称を与えた。磁気学の父とよばれる。著「磁石について」6巻。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ギルバート

英国の医師,物理学者。ケンブリッジ大学で数学と医学を学び,1573年医師を開業,1601年エリザベス1世の侍医となる。磁気,摩擦電気を初めて科学的に研究,1600年《磁石論》に成果をまとめた。
→関連項目磁気

ギルバート

英国の劇作家,作詞家。作曲家サリバンと組んで,数多くのオペレッタ(劇場の名にちなんで〈サボイ・オペラ〉と呼ばれる)を作った。《軍艦ピナフォア号》《ペーシェンス》《ミカド》《ゴンドラの舟人》などが代表作。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ギルバート【Grove Karl Gilbert】

1843‐1918
アメリカの地質学者,地形学者。ニューヨーク州の生れで,ロチェスター大学で地質学を学ぶ。1871年から開拓時代の合衆国西部の地理・地質調査に加わり,地質調査所に入り,後に所長にもなった。浸食と堆積からなる河川による平準化によって地形が形成されるという説は西部での観察から考え出され,W.M.デービス地形輪廻説にひきつがれた。また更新世ユタ州を中心に巨大な湖があったことを発見し,ボンヌビル湖と命名,地殻変動を急激な造山運動orogenyと広くゆるやかな造陸運動epeirogenyに区分することを提唱し,火成岩の貫入形態として餅状の岩体を認めラコリスと命名した。

ギルバート【Joseph Henry Gilbert】

1817‐1901
イギリスの農芸化学者。オックスフォード大学教授。ハルに生まれ,グラスゴー大学,ロンドン大学を経て,ギーセン大学でJ.F.vonリービヒの下で学んだ。ロザムステッドの地主で化学者であったJ.B.ローズに招かれ,1843年にともにロザムステッド農業試験場を創立,農芸化学の試験研究に従事し,肥料試験などの圃場(ほじよう)試験の実行にあたった。【熊沢 喜久雄】

ギルバート【William Gilbert】

1544‐1603
イギリスの医者,物理学者。1558年ケンブリッジ大学入学,69年医学博士号取得後は,医師として生計を立て,1600年には王立医師会の会長に選ばれるとともにエリザベス女王の侍医となった。そのかたわら,自然科学の研究,とくに磁石の研究に興味をもち,その研究成果を《磁石論De magnete magnetisque corporibus》(1600)に著した。この中で彼は,現象記述,先人意見の批判検討,そして実験という方法論を立て〈くだらない想像〉を退け,電気と磁気とが区別されること,二つの磁石をくっつけると強さが増すこと,地球は大磁石で磁極をもち,磁針はこの地磁気によって指向されることなどを報告している。

ギルバート【William Schwenck Gilbert】

1836‐1911
イギリスの劇作家,作詞家。1860年代に滑稽詩やバーレスク劇を発表し始めたが,最も有名な作品は1871年から96年にかけて上演された14編の音楽劇である。これらはA.S.サリバンが曲,ギルバートがせりふと詞を作ったもので,その多くがロンドンのサボイ劇場で演じられたため〈サボイ・オペラ〉と呼ばれることがある。《軍艦ピナフォア号》(1878初演),《ペンザンスの海賊》(1879初演),《ペーシェンス》(1881初演),《ミカド》(1885初演),《ゴンドラの舟人》(1889初演)などが代表作。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ギルバート【gilbert】

〔イギリスの物理学者ギルバートの名にちなむ〕
磁位・起磁力の CGS 電磁単位。10/4πアンペア。記号 Gb  

ギルバート【William Gilbert】

1544~1603) イギリスの物理学者・医者。エリザベス一世の侍医。地磁気現象を経験的・帰納的に研究。地球自体が大磁石であるという仮説をたてる。電気学・磁気学の創始者。著「磁石について」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のギルバートの言及

【医学】より

…スイスのベルヌーイ一家は数学者を多数輩出しているが,そのうちヨハンJohann Bernoulli(1667‐1748),ダニエルDaniel B.(1700‐82)は医師である。物理学では,エリザベス女王の侍医W.ギルバートは,磁気の研究で,電磁気学史からはずせない。そのほか,時代は次の世紀に移るが,化学や生物学でも医師は広く業績をあげている。…

【遺伝学】より

…これらの酵素を利用して任意のDNA断片をバクテリア中でクローン化することが可能となった。一方,マクザムM.MaxamとギルバートW.Gilbert(1977)らによりDNAのヌクレオチド配列の効率的な決定法が確立され,原核生物のみならず真核生物の多くの遺伝子の構造解析が行われるようになり,真核生物の分子遺伝学が急速に進展する時代を迎えているようにみえる。
[遺伝学の諸分野]
 遺伝学は生物学の中では比較的新しい分野であり,その歴史は100年に満たないが,すでにきわめて多くの分野に分かれてきている。…

【磁気】より

…例えば,磁石はそのそばにダイヤモンドやニンニクを置くと,その魔力を失うというたぐいのものである。 このような迷信を一つ一つ実験によって反証し,磁気現象を自然科学の対象にしたのはW.ギルバートである。彼はその研究の成果を《磁石論》(1600)という本にまとめた。…

【磁石】より

…この点はG.カルダーノによってより明確化された。こうした伝統のうえに立って,磁石に関して重要な貢献をしたのがW.ギルバートである。ギルバートの《磁石論》は,一方に,きわめて多様な実験を行うと同時に,もう一方で,ルネサンス期特有の新プラトン主義流のアニミズムや神秘主義を強く意識した著作である。…

【電気】より

…彼は,磁石が鉄しか引かないのに反して,摩擦されたコハクは軽い物体ならなんでも引きつけること,磁石はいろいろの物を通しても力を及ぼすが,コハクの引力は間に物をおくとさえぎられることなどを観察した。この研究をうけついだエリザベス1世の侍医W.ギルバートは,さらに実験を重ねてこの区別を確認するとともに,次のような電気的引力の説明を与えた。物体は摩擦されると,エフルウィアeffluviaと呼ばれる微粒子からなるきわめて希薄な雰囲気を周囲に発散する。…

【サリバン】より

…イギリスの作曲家。ローヤル音楽アカデミーやライプチヒ音楽院に学び,1866年ローヤル音楽アカデミー教授,76‐81年ナショナル音楽学校校長,71年台本作者のW.S.ギルバートと組んでオペラ《セスピス》を発表して以来,《軍艦ピナフォア》(1878)や《ミカド》(1885),《ゴンドリエ》(1889)などいわゆる〈ギルバート・サリバン・オペラ〉を数多く世に出した。これらは19世紀イギリスを代表するオペラに数えられる。…

※「ギルバート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ギルバートの関連キーワードギルバート[センプリンガム]アンペアターン(電磁気学)ギルバート(起磁力の単位)007わたしを愛したスパイビスマルク号を撃沈せよ!ハリウッド・レヴィユーあの日の僕をさがして007ムーンレイカーあっぱれクライトンエレン・ハンコックパスモー ジョージアローン・アゲインギルバート(単位)ビッグ・パレードファニング[島]トケラウ[諸島]クリスマス[島]007は二度死ぬクリスチナ女王アンペアターン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ギルバートの関連情報