コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティコ・ブラーエ ティコブラーエ

百科事典マイペディアの解説

ティコ・ブラーエ

ブラーエ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティコ・ブラーエ

ブラーエ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ティコ・ブラーエ
てぃこぶらーえ
Tycho Brahe
(1546―1601)

デンマークの天文学者。望遠鏡出現以前の最大の観測者。南デンマークのクヌドストラップのヘルシングボル城主の長男に生まれ、政治家修業のため1559年コペンハーゲン大学に入学、1562年ライプツィヒ大学法科へ転学。以後1571年父の死去までドイツ諸大学に遊学。その間天体観測に興味をもち、1560年部分日食、1563年木星と土星との会合、1566年皆既月食を観察。1572年カシオペヤ座超新星(ティコの星)を発見、その光度変化を継続観測するに及んで、恒星界の活動性に感動し、翌年著作『新星』によって天文学者としての名声を高めた。1574年国王フレゼリク2世Frederick (1534―1588)の命でコペンハーゲン大学で講演し、宇宙の壮美性、天文学の実用性、占星術の信頼性を強調した。1576年王室費により、ティコのためにベーン島にウラニボル天文台が設立され、ティコは測角両脚器(脚長1.6メートル)、方位四分儀(経緯儀原型)、壁面四分儀(半径3メートル、子午儀原型)などを考案設置し、当代随一の豪壮精微を誇るこの天文台を主宰した。ティコの天文台建設の目的は、器械の大型化による測定値の精密化、観測の常務制による変動の継続追究にあった。もとより望遠鏡発明以前の観測には精度の限界があったが、ティコのそれは肉眼の分解能一分角に達していた。その成果として、月の運動の不等(中心差、出差、二均差、年差)、月の視半径、黄道傾斜、大気差の影響、彗星(すいせい)の視差などの数値を更新した。しかしその技能の及ばない現象があった。それはコペルニクスが示唆した恒星の年周視差(最大値0.76秒角)であって、ティコはこれを検出できなかったばかりに、1588年地動説と天動説との折衷説(太陽は諸惑星を従えつつ、地球の周囲を公転)を主張した。この失敗は機能の吟味をせず、自力を過信したことによる。
 1588年国王の死後、生来の一徹さが宮廷の儀礼になじまず、1596年新王クリスティアン4世Christian (1577―1648)のもとで年金差し止め、資財没収されてドイツに亡命した。皇帝ルードルフ2世は彼を宮廷数学官に任じ、プラハ郊外のペナテク城を観測所として与えた。1600年、同じ追放の身の数学教師ケプラーの請願を受け、勅許庇護(ひご)のもとで師弟の共同研究が始まり、新天文学への貴重な結び目となった。しかしそれも1年半にすぎず、ティコは病没した。彼が亡命の際帯出した約20年間にわたる火星の追跡観測記録は、その視位置と視光度の豊富な記録により、彼の最大の業績となり、これがケプラーの手によって整理研究され、「惑星公転の三法則」発見の基礎資料となった。[島村福太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ティコ・ブラーエの関連キーワードファブリキウス(David Fabricius)ドライヤー(デンマークの天文学者)ルードルフ(2世)天文学史(年表)ルドルフ[2世]デンマーク文学ケプラーの法則ヘラクレイデスファブリチウスティコ超新星エリダヌス座運動の法則角運動量人工衛星中国科学暦象考成バイエルレーマー崇禎暦書天文台

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ティコ・ブラーエの関連情報