ハーベイ(英語表記)Harvey, Gabriel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハーベイ
Harvey, Gabriel

[生]1545頃.エセックス,サフロンウォルデン
[没]1630. エセックス,サフロンウォルデン
イギリスの詩人。ケンブリッジ大学で後輩の E.スペンサーと知合った。スペンサーの『羊飼いの暦』 (1579) にホビノルの名で登場する。激しい性格で絶えず周囲の人々と争い,風刺詩を書き,T.ナッシュや R.グリーンと文書合戦をかわした。

ハーベイ
Harvey, Sir John Martin

[生]1863.6.22. エセックス,ワイベンホウ
[没]1944.5.14. サリー,イーストシーン
イギリスの俳優劇場支配人ライシアム劇場のアービング一座に出演 (1882~96) ,その後多くの劇場に俳優,支配人として関係した。特に『二都物語』の翻案である『ただ一つの道』 (99) で成功を収めた。

ハーベイ
Harvey, William

[生]1578.4.1. ケント,フォークストン
[没]1657.6.3. ロンドン
イギリスの医師,生理学者。血液循環論を初めて唱えた人。ケンブリッジ大学に学び,次いでイタリアのパドバ大学で H.ファブリキウスに学び,1602年学位を得て帰国。 09年ロンドンの聖バーソロミュー病院に勤務。 18年ジェームズ1世の特命侍医,25年チャールズ1世の侍医。 28年に『動物の心臓ならびに血液の運動に関する解剖学的研究』 Exercitatio anatomica de motu cordis et sanguinis in animalibusを出版し,そのなかで血液循環論を発表した。清教徒革命時には王に従ったが,48年 11月王が捕縛されたのちはロンドン郊外のコームに退き,研究生活をおくった。 51年には,『動物の発生に関する研究』 Exercitationes de generatione animaliumを著わし,「すべての生物は卵から生じる」という,生殖に関する近代の支配的命題の端緒を開いた。

ハーベイ
Hervey, James

[生]1714
[没]1758
イギリスの宗教家。初期メソジスト運動で活躍。主著に『沈思と瞑想』 Meditations and Contemplations (2部,1747) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハーベイの関連情報