ペインティング・ナイフ(英語表記)painting knife

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

絵画用具。油絵を描く際に主として絵具を画面に盛上げるのに用いる薄い鋼鉄製のパレットナイフ一種長短広狭,いろいろな種類がある。その先駆はろう焼付け画法にみられるが,19世紀頃より油絵の画法の一つとして普及した。特に G.クールベはこれを巧みに用いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android