コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペコプテリス ペコプテリスPecopteirs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペコプテリス
Pecopteirs

化石植物の一属。この属名は,石炭紀からペルム紀に栄え,明らか裸子植物の古い型でシダ植物との中間型を示すとされるソテツシダ類に属するものを含むが,大部分は真嚢シダ類リウビンタイ科に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ペコプテリス【Pecopteris】

古生代に多産するシダ状植物の裸葉に与えられた形態属名。pecoは櫛,pterisは羽の意。pterisはシダ状植物の葉が羽状に分枝することから,シダ状植物の学名の語尾によく用いられる。小葉(小羽片)は小型で,形は指の先状,脈は中脈とこれから分枝する側脈からなる。数多くの種が知られているが,その多くはシダではなく,裸子植物のシダ種子類に属する。日本からもわずかであるがその産出が知られている。【木村 達明】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone