ペコプテリス(英語表記)Pecopteirs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペコプテリス
Pecopteirs

化石植物の一属。この属名は,石炭紀からペルム紀に栄え,明らかに裸子植物の古い型でシダ植物との中間型を示すとされるソテツシダ類に属するものを含むが,大部分は真嚢シダ類リウビンタイ科に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ペコプテリス【Pecopteris】

古生代に多産するシダ状植物の裸葉に与えられた形態属名。pecoは櫛,pterisは羽の意。pterisはシダ状植物の葉が羽状に分枝することから,シダ状植物の学名の語尾によく用いられる。小葉(小羽片)は小型で,形は指の先状,脈は中脈とこれから分枝する側脈からなる。数多くの種が知られているが,その多くはシダではなく,裸子植物のシダ種子類に属する。日本からもわずかであるがその産出が知られている。【木村 達明】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android