ペザロ(英語表記)Pesaro

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イタリア中東部,マルケ州ペザロエウルビノ県の県都。アンコナ北西約 60km,アドリア海にのぞみ,フォリア川の河口に位置する。古代ローマの植民都市で,ピサウルムと呼ばれた。 13世紀に教皇領となったが,領主がしばしば交代し,1631年から再び教皇に帰属。現在はブドウ,野菜などの取引が中心をなすほか,機械,繊維造船工業が発達し,15世紀以来の伝統をもつマジョリカ陶器が製造される。陶器陳列で有名な市立博物館,15世紀建設のスフォルツァ家宮殿がある。海水浴場としても有名。人口8万 8500 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イタリア中部、マルケ州ペザロ・エ・ウルビーノ県の県都。人口9万0311(2001国勢調査速報値)。アドリア海に面し、フォーリア川の河口近くに位置する。海水浴場として知られる。14世紀末以降、陶器の生産が行われてきたが、ほかに農畜産物の取引やオートバイの製造が営まれる。

[堺 憲一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android