コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペッカネン ペッカネンPekkanen, Toivo

3件 の用語解説(ペッカネンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペッカネン
ペッカネン
Pekkanen, Toivo

[生]1902.9.10. コトゥカ
[没]1957.5.29. コペンハーゲン
フィンランドプロレタリア作家。小学校卒業後,職業訓練所を経て 13歳で鍛冶工として自活,30歳で作家生活に入った。 1955年フィンランド・アカデミー会員。代表作『工場の陰で』 Tehtaan varjossa (1932) ,『黒い狂喜』 Musta hurmio (39) ,自伝『わが少年時代』 Lapsuuteni (53) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ペッカネン【Toivo Rikhart Pekkanen】

1902‐57
フィンランド初のプロレタリア作家。職業学校卒業後13歳で鍛冶工。若い都市労働者の成長を生物・社会学的視点からとらえた《工場の陰で》(1932)が代表作で,教条主義に陥ることなく,人間・社会の進歩をテーマとする自伝風作品。三部作《神の臼》第1部(1946)では1860‐1940年間のフィンランド人の精神的変遷を追求したが,第3部は未刊。ほかに《人々の春》(1935),《黒い狂喜》(1939)がある。フィンランド・アカデミー会員。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペッカネン
ぺっかねん
Toivo Rikhart Pekkanen
(1902―1957)

フィンランド初のプロレタリア作家。小学・職業学校卒業後13歳で鍛冶(かじ)工。若い都市労働者の成長を生物・社会学視点からとらえた『工場の陰で』(1932)が代表作。教条主義を排し人間・社会の進歩をテーマとする自伝風作品で、英独仏など七か国語に翻訳された。三部作『神の臼(うす)』(1946)は1860~1940年間のフィンランド人の精神変遷史を追求したが未完に終わった。1955年アカデミー会員、57年コペンハーゲンにて客死。ほかに『黒い狂気』(1939)など。[高橋静男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ペッカネンの関連キーワード正岡子規熱雲バルフォアコープランドコワニェベックマンファシン岩タクリー号学鐙グレーザー

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ペッカネンの関連情報