コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペッカネン ペッカネン Pekkanen, Toivo

3件 の用語解説(ペッカネンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペッカネン
ペッカネン
Pekkanen, Toivo

[生]1902.9.10. コトゥカ
[没]1957.5.29. コペンハーゲン
フィンランドプロレタリア作家。小学校卒業後,職業訓練所を経て 13歳で鍛冶工として自活,30歳で作家生活に入った。 1955年フィンランド・アカデミー会員。代表作『工場の陰で』 Tehtaan varjossa (1932) ,『黒い狂喜』 Musta hurmio (39) ,自伝『わが少年時代』 Lapsuuteni (53) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ペッカネン【Toivo Rikhart Pekkanen】

1902‐57
フィンランド初のプロレタリア作家。職業学校卒業後13歳で鍛冶工。若い都市労働者の成長を生物・社会学的視点からとらえた《工場の陰で》(1932)が代表作で,教条主義に陥ることなく,人間・社会の進歩をテーマとする自伝風作品。三部作《神の臼》第1部(1946)では1860‐1940年間のフィンランド人の精神的変遷を追求したが,第3部は未刊。ほかに《人々の春》(1935),《黒い狂喜》(1939)がある。フィンランド・アカデミー会員。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペッカネン
ぺっかねん
Toivo Rikhart Pekkanen
(1902―1957)

フィンランド初のプロレタリア作家。小学・職業学校卒業後13歳で鍛冶(かじ)工。若い都市労働者の成長を生物・社会学視点からとらえた『工場の陰で』(1932)が代表作。教条主義を排し人間・社会の進歩をテーマとする自伝風作品で、英独仏など七か国語に翻訳された。三部作『神の臼(うす)』(1946)は1860~1940年間のフィンランド人の精神変遷史を追求したが未完に終わった。1955年アカデミー会員、57年コペンハーゲンにて客死。ほかに『黒い狂気』(1939)など。[高橋静男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペッカネンの関連キーワード日本プロレタリア作家同盟フィン人フィンランディアプロレタリアプロレタリア国際主義プロレタリア独裁ルンペンプロレタリアートママとボクのフィンランドバス全ロシア・プロレタリア作家協会ロシア・プロレタリア作家協会

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone