ペテルブルク(英語表記)Peterburg

旺文社世界史事典 三訂版「ペテルブルク」の解説

ペテルブルク
Peterburg

1703年ロシアのピョートル1世が北方戦争中にネヴァ川河口に建設した都市。1712年から1918年までロシアの首都
西欧への窓」として西欧化政策の中心地となった。1825年デカブリストの乱,1905年血の日曜日事件など革命運動の中心地でもあった。1914年にペトログラードと改称され,さらにロシア革命後の24年に,レニングラードと改められたが,91年旧称のサンクト−ペテルブルクに戻った。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android