コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペレス・エスキベル ペレス・エスキベル Pérez Esquivel, Adolfo

2件 の用語解説(ペレス・エスキベルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペレス・エスキベル
ペレス・エスキベル
Pérez Esquivel, Adolfo

[生]1931.11.26. アルゼンチンブエノスアイレス
アルゼンチンの彫刻家・建築家・平和運動家。漁民の子として生れ,1956年国立美術学校を卒業。彫刻家・建築家として活躍するとともに,68年国立美術学校の教授に就任。 71年に職人の協同組合結成のための団体に参加。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペレス・エスキベル
ぺれすえすきべる
Adolfo Prez Esquivel
(1931― )

アルゼンチンの人権活動家で建築家、彫刻家。ブエノス・アイレス近郊に生まれる。アルゼンチン国立美術学校に学び、卒業後マヌエル・ベルグラーノ美術学校などの彫刻・建築科の教授を務める。1970年代初頭以降のゲリラと軍の対決・内乱状態から生じた人権侵害を憂えて、非暴力の人権運動に専念するため教職を辞し、1973年に「ラテンアメリカ平和と正義奉仕協会」を結成。軍事政権(1976~1983)の人権抑圧政策に対して、カトリック平和主義の立場から人権擁護活動を行い、1977~1978年には14か月間投獄された。1980年にノーベル平和賞を受賞。1982年にアッシジ(聖フランチェスコゆかりのイタリアの町)の名誉市民となる。国連平和大学の学長を務めるなど国際的にも活動している。[乗 浩子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペレス・エスキベルの関連キーワードピルゼンアルゼンチン蟻アルゼンチンタンゴピルゼンビールプエルトイグアスタンゴ・アルゼンチーノアルゼンチンワインアルゼンチン・タンゴアルゼンチン・チリ国境事件プーナ(アルゼンチン)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone