コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペーターセン Petersen, Nis Johan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペーターセン
Petersen, Nis Johan

[生]1897.1.22. バムドルプ
[没]1943.5.9. ラーベン
デンマークの詩人,小説家。第1次世界大戦後の「幻滅の時代」の代表者の一人。詩は民謡風でリズム感があり,戦争の犠牲となった人間への深い同情にあふれ,年を追って評価が高まった。詩集『夜の笛吹きたち』 Nattens Pibere (1926) ,『一群の詩』 En Drift Vers (33) ,小説『サンダル作りの町』 Sandalmagernes Gade (31) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ペーターセン【Julius Adolf Petersen】

1882‐1933
ハンブルクのスラム街バルムベック生れの大泥棒。アドルフ以下実弟のアルノルト,〈犬殺し〉ローベルトらからなるペーターセン一家は,第1次大戦後の復員兵集団の機動力を駆使して,大商店,公金に次々に略奪の手を伸ばし,盗んだ金品を気前よくスラム街の子どもたちにばらまいたため,〈バルムベックの王様〉と義賊扱いの異名を奉られた。20年代半ばに逮捕され,11年間に及ぶ獄中生活を経験したが,獄中からも暗号による命令を発して数々の犯罪を指揮した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ペーターセンの関連キーワードJ.アドルフ ペーターセンマックス リーバーマンコソボの地位交渉

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android