ペーターセン(英語表記)Petersen, Nis Johan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペーターセン
Petersen, Nis Johan

[生]1897.1.22. バムドルプ
[没]1943.5.9. ラーベン
デンマークの詩人,小説家。第1次世界大戦後の「幻滅の時代」の代表者の一人。詩は民謡風でリズム感があり,戦争の犠牲となった人間への深い同情にあふれ,年を追って評価が高まった。詩集『夜の笛吹きたち』 Nattens Pibere (1926) ,『一群の詩』 En Drift Vers (33) ,小説『サンダル作りの町』 Sandalmagernes Gade (31) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ペーターセン【Julius Adolf Petersen】

1882‐1933
ハンブルクのスラム街バルムベック生れの大泥棒。アドルフ以下実弟のアルノルト,〈犬殺し〉ローベルトらからなるペーターセン一家は,第1次大戦後の復員兵集団の機動力を駆使して,大商店,公金に次々に略奪の手を伸ばし,盗んだ金品を気前よくスラム街の子どもたちにばらまいたため,〈バルムベックの王様〉と義賊扱いの異名を奉られた。20年代半ばに逮捕され,11年間に及ぶ獄中生活を経験したが,獄中からも暗号による命令を発して数々の犯罪を指揮した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android