コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホウガンボク(砲丸木) ホウガンボクCouroupita guianensis; cannon-ball tree

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホウガンボク(砲丸木)
ホウガンボク
Couroupita guianensis; cannon-ball tree

サガリバナ科の常緑高木で,南アメリカ北部の熱帯に産する。高さ 20~30mに達し, 50~80cmにもなる。葉は大型の楕円形で枝先に集って互生する。花はいわゆる幹生花で,太い幹から長さ 20~50cmほどの花序軸 (枝) を出し,その先に径 10cmあまりで黄橙色の花を総状多数つける。花弁は6枚,外側にある萼片も6枚である。花弁,おしべの基部はともに肉質に肥厚する。花後,径 20cmほどの硬い球形の果実を幹に直接ぶらさげる。この様子を大砲の弾丸に見立てキャノンボールツリーの英名があり,その訳としてホウガンボクまたはホウガンノキの和名がある。熱帯各地の植物園などに植えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ホウガンボク【ホウガンボク(砲丸木) cannon‐ball tree】

ギアナ地方を中心に南アメリカ北部の熱帯に分布するサガリバナ科の落葉高木。高さ15~30mになり,幹に咲く花や砲丸状の果実がおもしろいので,熱帯各地の公園などにも植えられる。葉は長さ10~30cmの楕円形で,葉柄は短く,枝先に集まってつく。幹の各所から曲がりくねった細い枝のような,長さ30~150cmの花枝が多数出て,総状に花をつける。花は径約13cm,肉質の両性花で,萼片6枚,花弁6枚,雄器柄は肉質盤状で一部がアーチ形に花の中央に伸び,その上に多数のおしべをもつ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android